【薄毛専門のプロ】ミノキシジル外用薬と内服薬の違いについて

agaヘアクリニック 女性

薄毛の治療薬で発毛効果を期待できるミノキシジル。

一般的には外用薬が知られていますが、内服薬もあります。

ミノキシジルの外用薬と内服薬の違いはどんなものがあるのでしょうか。

効果の違い、副作用の違いなどを調べてみましょう。

東京のAGA(薄毛)治療クリニック紹介

 

ミノキシジルの発毛効果

ミノキシジルの外用薬は日本皮膚科学会が発表しているガイドラインでも薄毛治療に推奨されているAGA治療薬です。

AGAの原因はひとつではありませんが主な原因は男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が極端に短くなり髪が成長せずに抜ける現象といわれています。

ミノキシジルには髪の毛の根本にある毛乳頭を活性化される成分があり、毛母細胞に作用してヘアサイクルを正常に戻すことができる効果があります。

ヘアサイクルが正常に戻ることによって発毛し、髪の成長を促し、太く強い髪の毛を成長させる効果が期待できます。

ミノキシジルはもともと高血圧向けの治療薬として開発されていました。

しかし、使用していた人に多毛の副作用がみられたことからAGA治療薬として開発が進み、発毛剤として一般的になりました。

ミノキシジルには血管の拡張作用があり、血流がよくなります。

その血流改善作用によって発毛や育毛に必要な栄養素が毛乳頭まで届きやすくなることも薄毛改善の効果とされています。

  1. AGA(男性型脱毛症)とは
  2. AGAになる原因について
  3. AGAは治療で治る?
  4. AGAの治療方法
  5. AGAヘアクリニックの治療の流れ
    1. 無料カウンセリング申し込み
    2. 無料カウンセリング開始
    3. 治療の開始
    4. 再診は無料で何度でも可能です
  6. AGAヘアクリニックの治療費用について
    1. 診察・治療費用一覧
  7. AGAヘアクリニックでのAGA治療効果について
  8. AGAヘアクリニックについて
    1. AGAヘアクリニック院長 水島 豪太
    2. AGAヘアクリニックの理念